「 システムトレード 」 一覧

ローソク足の応用(陽線のつつみ線)

ローソク足の応用(陽線のつつみ線) 短い黒のローソク(小陰線)を長い白のローソク(大陽線)が包むパターンは「陽線のつつみ線」といわれています。 前日よりも安い株価で始まったものの大

続きを見る

ローソク足の応用(寄せ線 売り買い拮抗)

ローソク足の応用(寄せ線 売り買い拮抗) 上ヒゲと下ヒゲがほぼ同じ長さの寄引け同事線で、売り勢力と買い勢力が激しく攻防している状態、相場の転換期を示唆する。 上昇してから下落し、最

続きを見る

ローソク足の応用(寄り付けと大引けが同じ価格)

ローソク足の応用(寄り付けと大引けが同じ価格) 寄り付けと大引けが同じ価格、下ヒゲがない寄引同事線です。 相場の一つの流れが終了表し、この後転換か保ちあいのどちらかへ進むと判断でき

続きを見る

ローソク足の応用(陰線の坊主)

ローソク足の応用(陰線の坊主) 1本のローソク足の長短、陽線、陰線、ヒゲの上下の位置、長短が以後の株価の動きを暗示するため、ローソク足を理解さえしていれば、短時間で過去の株価や為替の方向性を知る

続きを見る

ローソク足の応用(陽線の坊主)

■■ローソク足の応用(陽線の坊主)■■ 1本のローソク足の長短、陽線、陰線、ヒゲの上下の位置、長短が以後の株価の動きを暗示するため、ローソク足を理解さえしていれば、短時間で過去の株価の方向性を知

続きを見る

ローソク足の基本

■■ローソク足の基本■■ ローソク足は波のように動き続ける株価の流れを、一目で分かるようにしたもので、値動きの全てを表しているのではなく、チャートとして使いやすいように、最も必要なデータだけを選

続きを見る

「オシレーター系」指標とは

■■「オシレーター系」指標とは■■ 「オシレーター系」は、これはある一定期間の株価が「売られすぎ」なのか、あるいは「買われすぎ」なのかを表した指標です。 しかし、どの地点が最安値(

続きを見る

「トレンド系」指標とは

■■「トレンド系」指標とは■■ 「トレンド系」指標というのは、大きなトレンド(株価の方向性)を表した指標です。 代表的なテクニカル指標は移動平均線やローソク足、ボリンジャーバンドがあげられ

続きを見る

システムトレードで使うテクニカル指標とは

■■システムトレードで使うテクニカル指標とは■■ ここからは、システムトレードでよく使われる代表的なテクニカル指標について、そのうちのいくつかを紹介していきます。 通常システムトレードを行

続きを見る

テクニカル分析とは

■■テクニカル分析とは■■ 株式投資におけるテクニカル分析とは、相場の値動きから将来の値動きを値動きを予測する分析技法です。 銘柄ごとの個別の因果関係を一切考えず、過去の価格、

続きを見る

A8

A8

Man with Charts
3月25日 本日は海外勢お休みで個人主体のテーマ株物色へ

■3月25日オープニング ・NYダウ 17,502.59

Man with Charts
3月24日 薄商いの中3ケタの下落

■3月24日クロージング 24日の日経平均は続落。 108.6

keizopro
3月24日 本日は中小型株の売買が中心か

■3月24日オープニング ・NYダウ 17,502.59

keizopro
3月23日 連続テロ事件警戒感から売買が手控えられる展開

■3月23日クロージング 23日の日経平均は反落。 47.57

Man with Charts
3月10日 本日は様子見色の強い展開が本線となりそう。

■3月10日オープニング ・NYダウ 17,000.36

→もっと見る

PAGE TOP ↑