ボリンジャーバンド(ぼりんじゃーばんど)とは

ボリンジャーバンド(ぼりんじゃーばんど)とは

ボリンジャーバンド(ぼりんじゃーばんど)とはトレンド系のテクニカル指標。

ボリンジャーバンドは1980年頃にジョン・ボリンジャー氏が考案したテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの計算式は以下の通りです。

標準偏差:σ(シグマ)
=√(n×n日間の終値の2乗の合計?n日間の終値の合計の2乗)/(期間×(期間?1))

±1σライン・・・移動平均線の数値±標準偏差
±2σライン・・・移動平均線の数値±2×標準偏差
±3σライン・・・移動平均線の数値±3×標準偏差
※移動平均線及び標準偏差に用いる期間は9日、20日、25日などが用いられています。

ボリンジャーバンドは移動平均線を中心線として、移動平均線の上側には+σ、+2σ、+3σ、下側には-σ、-2σ、-3σの線がひかれて、表示されます。

内側の補助線(+σ、-σ)に、はさまれた株価ゾーンへは約68%の確率で株価が収まり、外側の補助線(+2σ、-2σ)へは約95%の確率で株価が収まると言われています。

使い方としては、+2σを超えた状態では売り、-2σを下回った状態では買いのシグナルであると言われています。

注意点としては、大きな株価上昇又は下落局面においては+2σを超えた状態でも、その後も継続的に株価上昇を続ける場合もあるし、逆に-2σを下回った状態でも、株価下落を続ける局面も発生する場合もあります。

A8

関連記事

Man with Charts

RSI(アールエスアイ)とは

RSI(アールエスアイ)とは RSI(アールエスアイ)はオシレーター系のテクニカル指標です。

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陰線のつつみ線)

ローソク足の応用(陰線のつつみ線) 短い白のローソク(小陽線)を長い白のローソク(大陰線)が包

記事を読む

Man with Charts

保ち合い(もちあい)とは

■保ち合い(もちあい)とは 相場によくある局面として、上値抵抗線と下値支持線に挟まれた動きを一

記事を読む

Man with Charts

酒田五法とは

酒田五法とは 「酒田五法」とは江戸時代から伝わるローソク足の読み方です。 江戸時代の米相

記事を読む

Man with Charts

サイコロジカルライン(さいころじかるらいん)とは

サイコロジカルライン(さいころじかるらいん)とは サイコロジカルライン(さいころじかるらいん)

記事を読む

Man with Charts

RCI(あーるしーあい)とは?

RCI(あーるしーあい)とは? RCI(あーるしーあい)とはオシレーター系のテクニカル指標。

記事を読む

Man with Charts

モメンタム(もめんたむ)とは

モメンタム(もめんたむ)とは モメンタムは相場の勢い(強弱)、反転の目安となる水準を見ることが

記事を読む

Man with Charts

移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その3

■移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その3  

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陰線の坊主)

ローソク足の応用(陰線の坊主) 1本のローソク足の長短、陽線、陰線、ヒゲの上下の位置、長短が以

記事を読む

Man with Charts

移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その1

■移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その1  

記事を読む

A8

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

A8

Man with Charts
3月25日 本日は海外勢お休みで個人主体のテーマ株物色へ

■3月25日オープニング ・NYダウ 17,502.59

Man with Charts
3月24日 薄商いの中3ケタの下落

■3月24日クロージング 24日の日経平均は続落。 108.6

keizopro
3月24日 本日は中小型株の売買が中心か

■3月24日オープニング ・NYダウ 17,502.59

keizopro
3月23日 連続テロ事件警戒感から売買が手控えられる展開

■3月23日クロージング 23日の日経平均は反落。 47.57

Man with Charts
3月10日 本日は様子見色の強い展開が本線となりそう。

■3月10日オープニング ・NYダウ 17,000.36

→もっと見る

PAGE TOP ↑