「オシレーター系」指標とは

■■「オシレーター系」指標とは■■

「オシレーター系」は、これはある一定期間の株価が「売られすぎ」なのか、あるいは「買われすぎ」なのかを表した指標です。

しかし、どの地点が最安値(最高値)かという確かな証拠があるわけではありません。

確実性は乏しくなってしまうので注意が必要です!

オシレータ系の代表的な指標は、RSI、MACD、ストキャスティクスなどがあります。

テクニカル派の人たちにはオシレーターが大人気です。

しかし、株価の絶対水準とは無関係に売り・買いのシグナルが発信されるので注意が必要です。

本来、株価には上限や下限はありません。

限りがないものに、オシレーター系指標はある範囲の相対評価を、数値でつけてしまうということを常にあたまで理解しながら活用する必要があります。

投資した銘柄のチャートラインが天井や底にへばりついてしまった場合、手仕舞いを考える必要が出てきます。

A8

関連記事

Man with Charts

DMI(方向性指数)とは

DMI(方向性指数)とは DMIとはオシレーター系指標 DMI(Directional

記事を読む

Man with Charts

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは 一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とはトレンド系の

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(寄り付けと大引けが同じ価格)

ローソク足の応用(寄り付けと大引けが同じ価格) 寄り付けと大引けが同じ価格、下ヒゲがない寄

記事を読む

Man with Charts

酒田五法とは

酒田五法とは 「酒田五法」とは江戸時代から伝わるローソク足の読み方です。 江戸時代の米相

記事を読む

Man with Charts

モメンタム(もめんたむ)とは

モメンタム(もめんたむ)とは モメンタムは相場の勢い(強弱)、反転の目安となる水準を見ることが

記事を読む

Man with Charts

保ち合い(もちあい)とは

■保ち合い(もちあい)とは 相場によくある局面として、上値抵抗線と下値支持線に挟まれた動きを一

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の基本

■■ローソク足の基本■■ ローソク足は波のように動き続ける株価の流れを、一目で分かるようにした

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陰線の坊主)

ローソク足の応用(陰線の坊主) 1本のローソク足の長短、陽線、陰線、ヒゲの上下の位置、長短が以

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陽線のはらみ線)

ローソク足の応用(陽線のはらみ線) 売りと買いがせめぎ合い株価が上下どちらかに動き出すサイ

記事を読む

Man with Charts

ポイント・アンド・フィギュア(P&F)とは

ポイント・アンド・フィギュア(Point and Figure,P&F)とは、株価の 動きだけを追

記事を読む

A8

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

A8

Man with Charts
3月25日 本日は海外勢お休みで個人主体のテーマ株物色へ

■3月25日オープニング ・NYダウ 17,502.59

Man with Charts
3月24日 薄商いの中3ケタの下落

■3月24日クロージング 24日の日経平均は続落。 108.6

keizopro
3月24日 本日は中小型株の売買が中心か

■3月24日オープニング ・NYダウ 17,502.59

keizopro
3月23日 連続テロ事件警戒感から売買が手控えられる展開

■3月23日クロージング 23日の日経平均は反落。 47.57

Man with Charts
3月10日 本日は様子見色の強い展開が本線となりそう。

■3月10日オープニング ・NYダウ 17,000.36

→もっと見る

PAGE TOP ↑