パラボリック(はらぼりっく)とは

パラボリック(はらぼりっく)とは

パラボリック(はらぼりっく)とはトレンド系のテクニカル指標。

パラボリックは、RSIの考案者であるJ.W.ワイルダー氏が考案したシステムです。

相場のトレンド転換点を計るトレンド追随型のテクニカル指標で、常に買いか売りのポジションを持つ「どてん(途転)」のシステムです。

計算式は下記のようになります。
SAR=前日のSAR+AF×(EP-前日のSAR)

EP:極大値
SARが買いサインを示している期間の最高値
SARが売りサインを示している期間の最安値

AF:加速因子 (0.02≦AF≦0.20)
終値が高値を更新するたびに、+0.02ずつ加算される。

AF(加速因子)は数字を大きくすることでその敏感度が高くなります。

大きいほど、早く売買サインが現れますが、その分ダマシも多くなります。

パラボリックの発案者である「ワイルダー」はAFの値を0.02としていたそうです。

para
一般的には、株価が上昇する場面で、パラボリック(放物線)にぶつかったところが、売りサインとなります。

逆に株価が下落している場面でのように、パラボリック(放物線)にぶつかったところが買いサインとなります。

押し目・戻りなどの中間波動を狙う目的でこの指標だけに頼ったトレードはリスクを伴うので注意が必要です。

A8

関連記事

Man with Charts

移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その1

■移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その1  

記事を読む

Man with Charts

RCI(あーるしーあい)とは?

RCI(あーるしーあい)とは? RCI(あーるしーあい)とはオシレーター系のテクニカル指標。

記事を読む

Man with Charts

ポイント・アンド・フィギュア(P&F)とは

ポイント・アンド・フィギュア(Point and Figure,P&F)とは、株価の 動きだけを追

記事を読む

Man with Charts

モメンタム(もめんたむ)とは

モメンタム(もめんたむ)とは モメンタムは相場の勢い(強弱)、反転の目安となる水準を見ることが

記事を読む

Man with Charts

移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その3

■移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その3  

記事を読む

Man with Charts

テクニカル分析とは

■■テクニカル分析とは■■ 株式投資におけるテクニカル分析とは、相場の値動きから将来の

記事を読む

Man with Charts

トレンドライン(下降トレンドライン)とは

■トレンドライン(下降トレンドライン)とは 売買に適したタイミングをとらえるには「大きな流れ」

記事を読む

Man with Charts

移動平均乖離率とは

動平均乖離率とは 動平均乖離率とはトレンド系のテクニカル指標です。 動平均乖離率は、「前

記事を読む

Man with Charts

ROC(あーるおーしー)とは

ROC(あーるおーしー)とは ROC(あーるおーしー)とはオシレーター系指標。 ROCは

記事を読む

Man with Charts

移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その2

■移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その2  

記事を読む

A8

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

A8

Man with Charts
3月25日 本日は海外勢お休みで個人主体のテーマ株物色へ

■3月25日オープニング ・NYダウ 17,502.59

Man with Charts
3月24日 薄商いの中3ケタの下落

■3月24日クロージング 24日の日経平均は続落。 108.6

keizopro
3月24日 本日は中小型株の売買が中心か

■3月24日オープニング ・NYダウ 17,502.59

keizopro
3月23日 連続テロ事件警戒感から売買が手控えられる展開

■3月23日クロージング 23日の日経平均は反落。 47.57

Man with Charts
3月10日 本日は様子見色の強い展開が本線となりそう。

■3月10日オープニング ・NYダウ 17,000.36

→もっと見る

PAGE TOP ↑