ピボット(ぴぼっと)とは

ピボット(ぴぼっと)とは

ピボット(ぴぼっと)とはトレンド系のテクニカル指標。

ピボット(PIVOT)はJ・W・ワイルダーによって考案されたテクニカル指標です。

前日の価格を用いて当日のサポート(支持)/レジスタンス(抵抗)水準を予測しようという指標で、比較的短期売買向けの分析指標と言われています。

ピボットの計算式は下記のようになります。

D1=H-P D2=P-L D3=H-L

HBOP(High Break Point)=P+D2+D3=2P-2L+H

S2(抵抗線)=P+D3=P+H-L

S1(抵抗線)=P+D2=2P-L

 

B1(支持線)=P-D1=2P-H

B2(支持線)=P-D3=P-H+L

LBOP(Low Break Point)=P-D1-D3=2P-2H+L

ピボットの使い方は、B1・2(支持線)接近で買い、S1・2(抵抗線)接近で売りとなります。

また、LBOP・HBOPをポイントとして判断する場合は、株価がHBOP上抜きで買い、

LBOP下抜きで売りとなります。

もみ合い相場での利用は、買いの場合はLBOPは損切りライン・HBOPは買い乗せ、

売りの場合はHBOPは損切りライン・LBOPは売り乗せとなります。

A8

関連記事

Man with Charts

DMI(方向性指数)とは

DMI(方向性指数)とは DMIとはオシレーター系指標 DMI(Directional

記事を読む

Man with Charts

トレンドライン(下降トレンドライン)とは

■トレンドライン(下降トレンドライン)とは 売買に適したタイミングをとらえるには「大きな流れ」

記事を読む

Man with Charts

システムトレードで使うテクニカル指標とは

■■システムトレードで使うテクニカル指標とは■■ ここからは、システムトレードでよく使われる代

記事を読む

Man with Charts

酒田五法とは

酒田五法とは 「酒田五法」とは江戸時代から伝わるローソク足の読み方です。 江戸時代の米相

記事を読む

Man with Charts

DPOとは

DPOとは DPOとはオシレーター系のテクニカル指標。 DPO(Detrended Pr

記事を読む

Man with Charts

テクニカル分析の有効度を検証(バックテスト)一覧

過去10年間以上のデータより、テクニカル分析の有効度を検証(バックテスト)しています。 ■移動

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陽線のつつみ線)

ローソク足の応用(陽線のつつみ線) 短い黒のローソク(小陰線)を長い白のローソク(大陽線)が包

記事を読む

Man with Charts

「オシレーター系」指標とは

■■「オシレーター系」指標とは■■ 「オシレーター系」は、これはある一定期間の株価が「

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陽線のはらみ線)

ローソク足の応用(陽線のはらみ線) 売りと買いがせめぎ合い株価が上下どちらかに動き出すサイ

記事を読む

Man with Charts

RCI(あーるしーあい)とは?

RCI(あーるしーあい)とは? RCI(あーるしーあい)とはオシレーター系のテクニカル指標。

記事を読む

A8

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

A8

Man with Charts
3月25日 本日は海外勢お休みで個人主体のテーマ株物色へ

■3月25日オープニング ・NYダウ 17,502.59

Man with Charts
3月24日 薄商いの中3ケタの下落

■3月24日クロージング 24日の日経平均は続落。 108.6

keizopro
3月24日 本日は中小型株の売買が中心か

■3月24日オープニング ・NYダウ 17,502.59

keizopro
3月23日 連続テロ事件警戒感から売買が手控えられる展開

■3月23日クロージング 23日の日経平均は反落。 47.57

Man with Charts
3月10日 本日は様子見色の強い展開が本線となりそう。

■3月10日オープニング ・NYダウ 17,000.36

→もっと見る

PAGE TOP ↑