ストキャスティクス(すときゃすてぃくす)とは

ストキャスティクス(すときゃすてぃくす)とは

ストキャスティクス(英語:Stochastic oscillator)とは、米国のチャート分析家ジョージ・レーンによって1950年代に考案されたテクニカル指標。

オシレーター(値幅分析)系指標の一種。

逆張りの投資手法において、よく用いられる指標でです。

RSIの仲間でいわゆる、「買われすぎ」や「売られすぎ」の状態を教えてくれる指標です。

過去における高値、安値に対して、当日終値がどのような位置にあるのかを数値化したもので、%K=短期線、%D=中期線、%SD=長期線の3本の線を使って売買サインを探ります。

基本的には、20~30以下が売られ過ぎ、70~80以上が買われ過ぎと見ます。

計算式は次のようになります。

%K=((当日の終値-N日間の最安値)/(N日間の最高値-N日間の最安値))×100

%D=(((当日の終値-N日間の最安値)のY日間合計)/((N日間の最高値-5日間の最安値)のY日間合計))×100%SD=%DのY日移動平均

注意点は「サイン出すぎる」傾向があります。

大相場の初期には特に敏感になる(数値が大きく動く)ので、算出期間の設定を長くしたり、スロー・ストキャスティクスを使ったり、ほかの指標と組み合わせて使う必要があります。

A8

関連記事

Man with Charts

ボリンジャーバンド(ぼりんじゃーばんど)とは

ボリンジャーバンド(ぼりんじゃーばんど)とは ボリンジャーバンド(ぼりんじゃーばんど)とはトレ

記事を読む

Man with Charts

RSI(アールエスアイ)とは

RSI(アールエスアイ)とは RSI(アールエスアイ)はオシレーター系のテクニカル指標です。

記事を読む

Man with Charts

トレンドライン(下降トレンドライン)とは

■トレンドライン(下降トレンドライン)とは 売買に適したタイミングをとらえるには「大きな流れ」

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(寄り付けと大引けが同じ価格)

ローソク足の応用(寄り付けと大引けが同じ価格) 寄り付けと大引けが同じ価格、下ヒゲがない寄

記事を読む

Man with Charts

移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その2

■移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その2  

記事を読む

Man with Charts

DMI(方向性指数)とは

DMI(方向性指数)とは DMIとはオシレーター系指標 DMI(Directional

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陰線のはらみ線)

ローソク足の応用(陰線のはらみ線) 売りと買いがせめぎ合い株価が上下どちらかに動き出すサイ

記事を読む

Man with Charts

ピボット(ぴぼっと)とは

ピボット(ぴぼっと)とは ピボット(ぴぼっと)とはトレンド系のテクニカル指標。 ピボット

記事を読む

Man with Charts

トレンドライン(上昇トレンドライン)とは

■トレンドライン(上昇トレンドライン)とは 売買に適したタイミングをとらえるには「大き

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の基本

■■ローソク足の基本■■ ローソク足は波のように動き続ける株価の流れを、一目で分かるようにした

記事を読む

A8

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

A8

Man with Charts
3月25日 本日は海外勢お休みで個人主体のテーマ株物色へ

■3月25日オープニング ・NYダウ 17,502.59

Man with Charts
3月24日 薄商いの中3ケタの下落

■3月24日クロージング 24日の日経平均は続落。 108.6

keizopro
3月24日 本日は中小型株の売買が中心か

■3月24日オープニング ・NYダウ 17,502.59

keizopro
3月23日 連続テロ事件警戒感から売買が手控えられる展開

■3月23日クロージング 23日の日経平均は反落。 47.57

Man with Charts
3月10日 本日は様子見色の強い展開が本線となりそう。

■3月10日オープニング ・NYダウ 17,000.36

→もっと見る

PAGE TOP ↑