サイコロジカルライン(さいころじかるらいん)とは

サイコロジカルライン(さいころじかるらいん)とは

サイコロジカルライン(さいころじかるらいん)とはオシレーター系のテクニカル指標。

サイコロジカルは、『心理的な』という意味です。

株価の上昇回数と下落回数の比率から、「一方向への連続的な値動きには限度がある」との投資家心理を反映させて、売られ過ぎ・買われ過ぎを判断する指標のことです。

投資家心理は株価の上昇が続けば、ますます強気に傾き、逆に株価の下落が続けば弱気に傾きがちである。

実際には市場が強気一色になった時、相場はピークを打ち、逆の弱気一色になった時にボトムを打つケースが多いといえます。

こうした投資家心理の偏りを数値化し、皆が強気になれば売り、弱気になれば買いのシグナルが出る逆バリの指標がサイコロジカルラインです。

算出式は下記のようになります

サイコロジカルライン(%)=前日比プラスの日数÷日数
(通常は12日が利用される)

一般的には、75%(9勝3敗)以上は売り、25%(3勝9敗)以上は買いとされる。

一見単純な考え方で果たして有効なのかと思われるが、使い方次第ではある程度優秀な成績を出すことができると思われます。

長期上昇トレンド中で連続して下降していればその後上昇する可能性も高くなるのではないかと思います。

他の指標との組み合わせも非常に有効だと思われる指標です。

A8

関連記事

Man with Charts

テクニカル分析の有効度を検証(バックテスト)一覧

過去10年間以上のデータより、テクニカル分析の有効度を検証(バックテスト)しています。 ■移動

記事を読む

Man with Charts

RCI(あーるしーあい)とは?

RCI(あーるしーあい)とは? RCI(あーるしーあい)とはオシレーター系のテクニカル指標。

記事を読む

Man with Charts

移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その3

■移動平均乖離率で行うシステムトレードは勝てるのか?検証してみました。その3  

記事を読む

Man with Charts

トレンドライン(下降トレンドライン)とは

■トレンドライン(下降トレンドライン)とは 売買に適したタイミングをとらえるには「大きな流れ」

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(寄り付けと大引けが同じ価格)

ローソク足の応用(寄り付けと大引けが同じ価格) 寄り付けと大引けが同じ価格、下ヒゲがない寄

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陽線のつつみ線)

ローソク足の応用(陽線のつつみ線) 短い黒のローソク(小陰線)を長い白のローソク(大陽線)が包

記事を読む

Man with Charts

ポイント・アンド・フィギュア(P&F)とは

ポイント・アンド・フィギュア(Point and Figure,P&F)とは、株価の 動きだけを追

記事を読む

Man with Charts

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とは 一目均衡表(いちもくきんこうひょう)とはトレンド系の

記事を読む

Man with Charts

ローソク足の応用(陽線の坊主)

■■ローソク足の応用(陽線の坊主)■■ 1本のローソク足の長短、陽線、陰線、ヒゲの上下の位置、

記事を読む

Man with Charts

ストキャスティクス(すときゃすてぃくす)とは

ストキャスティクス(すときゃすてぃくす)とは ストキャスティクス(英語:Stochastic

記事を読む

A8

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

A8

Man with Charts
3月25日 本日は海外勢お休みで個人主体のテーマ株物色へ

■3月25日オープニング ・NYダウ 17,502.59

Man with Charts
3月24日 薄商いの中3ケタの下落

■3月24日クロージング 24日の日経平均は続落。 108.6

keizopro
3月24日 本日は中小型株の売買が中心か

■3月24日オープニング ・NYダウ 17,502.59

keizopro
3月23日 連続テロ事件警戒感から売買が手控えられる展開

■3月23日クロージング 23日の日経平均は反落。 47.57

Man with Charts
3月10日 本日は様子見色の強い展開が本線となりそう。

■3月10日オープニング ・NYダウ 17,000.36

→もっと見る

PAGE TOP ↑